長屋門をくぐると、萱葺きの母屋と周囲を取り囲む蔵が醸し出す、どこか懐かしい、ゆったりとした空間が広がります。
郷土資料館「白石家戸長屋敷」配置図
写真にマウスをのせると色が変わるものは、クリックすると説明画面が開きます
郷土資料館「戸長屋敷」は、江戸時代に大庄屋を務めていた旧白石家の屋敷で、約2000坪の敷地内には、江戸時代中期に建てられた萱葺きの母屋を中心に、周囲には6棟の蔵と離れ座敷、長屋門が配置されています。昭和40年代まで住居として利用されており、重層的な生活感が、来館された方に懐かしさを与えると、好評をいただいています。
近年は映画・ドラマのロケ地として多くの作品の撮影に利用されています。
本サイトに掲載の文書・写真・図表などに関する著作権は、栃木市または指定管理者に帰属します。無断転載を禁止します。