舟形木棺
展示中の木棺(手前が棺蓋、奥が棺身) 発掘時の棺身
昭和44年宅地造成時に発見された、国内最大級の古墳時代中期の舟形木棺です。
昭和61年、その他の出土品と合わせ「下野七廻り鏡塚古墳出土品」として国の重要文化財(美術品−考古資料)に指定されました。 棺身は、ほぼ完全な状態で出土し、全長5.5m幅1.03m、高さ42cmにも及びます。蓋は宅地造成用ブルドーザーにより大破しましたが、現在は復元展示されています。
■製作過程の推測
直径1.2m以上のヒノキを半分に割り、それぞれの表面をオノ・ノミ・ヤリカンナで成形したと考えられ、加工痕も確認できます。
ノコギリ痕は確認できないことから、大変な労力と技術レベルの高さを今日に伝えてくれる貴重な資料です。